大人の女のための着物

キレイに着物を楽しもう

立ち振る舞いも大切

和服を着る際には、洋服とは違う点が沢山あります。誰かにただ着せて貰うだけでは、着物を着ているとは言えません。折角和服を着るのですから、綺麗な立ち振る舞いも大切と言う事を心に留め置き、品の良い装いや、所作について説明して行きます。和服に慣れていないと、ただ歩いたり、座ったり、と言う事もぎこちなく固い動きになってしまいます。立ち振る舞いのコツを知っていないと、着崩れたり着物や帯が汚れてしまう事もありますので、注意しましょう。

立ち振る舞いの美しさが、和服を着た姿を美しく見せます。まず、姿勢ですが、着物を着ている時は、立っている時も座っている時もピンと背中を伸ばしてください。座る時に後ろによりかかってしまうと折角の帯が潰れてしまいますし、猫背になっては体の正面の帯の形が崩れてしまいます。足も爪先が開かないように内股気味にすると良いでしょう。歩く時も、裾が乱れないように小股で歩き、履物を引きずったり、音を立てないように注意してください。

普段洋服の時のように歩くと、裾が乱れるので、歩き方には充分に注意するようにしてください。座る際には、足からでは着崩れしやすくなりますので、お尻を先に椅子の上に置くようにしてください。階段を上り下りする際にも、着物が汚れないように軽くたてづまを持つようにしましょう。たてづまを持つ事によって足が運びやすくなり、裾が階段について汚れる事を避ける事が出来ます。姿勢を崩さないように、足首が見えないようにゆっくりと足を運びましょう。

洋服と違い袖が長いので、注意が必要です。何かを持ち上げる時、手をあげる時には、腕がむき出しにならないように、片方の手で袖を押さえるようにすると良いでしょう。ものを拾う時にも、右手で上前を押さえてしゃがみ、もう一方の手で拾うようにしましょう。座敷の場合は床に膝をつきますが、屋外や、下が土足で歩く場所である場合は、膝をつけずに、着物も汚さないように注意が必要です。和服を着なれていないと、所作に気を使っていても、少しずつ着崩れをしてしまうものです。

そのような時は、お手洗いに行った時などに襟元の緩みを取ったり、腰のたるみを取ったり、おはしょりの乱れを整えるようにすると良いでしょう。僅かな乱れを小まめに直す事で、綺麗に着物を着る事が出来ます。自分で簡単に着崩れを直すのにはどうすれば良いのか、着付けをして貰った時に習っておくと良いでしょう。品のいい装いや、所作を身につけて、美しく着物を着こなすように心がけていきましょう。