大人の女のための着物

キレイに着物を楽しもう

季節感を出そう

日本には春、夏、秋、冬と四季があります。春には桜、夏には朝顔や蚊取り線香、秋はお月見、冬は雪だるまや火鉢など。季節を楽しむアイテムが豊富。そうした季節感をファッションにも取り入れて、着物を楽しんでみてはどうでしょうか。洋服でも、半袖、ノースリーブ、タートルネックと季節を感じるものはありますが、着物のそれにはかなわないもの。着物では頭の先から爪先まで、その時の季節感を出すことはそんなに難しい事ではありません。例えば「春」。春ならではの特徴と言えば、何といってもあの、少し霞がかかったかのようなぼんやりした空気。

柔らかく、甘やかで何となく夢を見ているような雰囲気です。そういった季節感を出そうという時に、着物は威力を発揮します。春と言えば桜の花が真っ先に思い浮かびますが、着物の場合、春を感じさせるアイテムは結構豊富。若葉を感じさせる淡いグリーンやふんわりしたパステルイエロー。春を告げる鶯などのモチーフも可愛らしいものです。髪飾り、帯留、紐、半襟などのアイテムを組み合わせて、全身で「春」を表現することが出来るのも着物ならではの魅力。

一つ一つのアイテムは、一見脈絡がなさそうでも、その人が身につけると何となく素敵に見えてしまうことってよくあります。 そして着物はちょっとした「非日常」も楽しめます。普段はカチッとしたスーツを着ている女性も、着物を着れば、不思議と肩の力が抜けて、女性らしい気持ちになったり。そういった所に着物の魔力素材や柄の醍醐味があるのではないでしょうか。ある日は光沢のある無地の着物にパッと華やかな帯を締め、パールの髪飾りや帯留を使ってマダム風に。別の日は濃い紫や赤を基調とした大胆な花柄で大正ロマン風に。

雨の季節には流れるような水をイメージした柄に、涼やかなガラスの帯留でアクセントを加えてみたり、と自由自在。一歩街へ出れば、様々な服装の人が闊歩する今。和装マナーの本やしきたりに捕らわれて、頭でっかちに「着物」を着るのは少しもったいない気がします。和洋折衷もあり、自己流の色使いや組み合わせもあり、とちょっとしたコスプレ気分で着物を楽しんだら、もっと自分の世界が広がるのではないでしょうか。着物の良さはその大らかさにもあります。体形に拘らず、全体を包みこんでしまうようなスケールの大きさ。洋服では中々こうはいきません。小柄な人も、少しふくよかな人も、自分なりの「着物」と着こなしが見つかれば、「美しい人」になれる。ちょっと「魔」を感じる「着物」です。