大人の女のための着物

キレイに着物を楽しもう

TPOに合わせよう

あらたまった場に出席することになった場合で最も簡単なものは洋服であることが多くなっています。特に男性であれば、夜間の最上級の公式のお祝いの場に着用する燕尾服(黒スーツに白タイ)やその略式であるタキシード(スーツ、タイ・蝶ネクタイ)、葬儀などで使用する喪服(黒スーツ、黒いタイ)、そして会社に出社する際に利用する一般的なスーツなどおよそ4つのスーツを備えていれば対応できることが挙げられます。また、女性がこれらの場に出席する際には和服を着用する機会があり、着物の格付けや種類によってTPOをわきまえる方法を知っておくと冠婚葬祭にも役に立ちます。

ここでは「着物をTPOに合わせよう」と題してお祝いの席、喪服、訪問着に分け説明したいと思います。まず燕尾服に合わせた和服として「黒留袖色留め袖」があります。この黒留袖色留め袖は絹を素材としていて黒留袖は必ず五つ紋、色留め袖は一つ紋、三つ紋、五つ紋のいずれでも使用できます。この紋の数については五つ紋が公式の場になり、一つ紋や無紋になるほどカジュアルになり、抜紋や日向紋であれば公式・正式となり、陰紋、縫紋はカジュアルとなります。

また、独身の女性であれば振り袖を着ることが一般的で、大袖、中袖、小袖の順序で格付けがなされ、黒留袖色留め袖・振り袖共に羽織やコートは使用しないことになっています。次にタキシードに相当する和服としては「訪問着一つ紋色無地」があります。これは披露宴の招待された時、パーティーのお茶会、入卒式、結納式、あいさつ回り、初釜などに着用されているもので、一つ紋であったり無紋であるためタキシードに対する和服となり、羽織るものとしては道行コートが適切です。そして、喪服に対する和服である「黒羽二重黒ちりめん五つ紋付」を説明します。

これは告別式、法事、お通夜などに着用する和服で、必ず五つ紋であること、黒の袋帯やなごや帯、黒丸ぐけ紐黒組紐、白羽二重付比翼白綸子の長襦袢、黒無地布製ぞうりなどを黒で統一し、羽織るものは黒や落ち着いた色の道行コートを着用することがマナーとなっています。さらにもうひとつ、あらたまった外出着である「小紋付け下げ色無地お召」を説明します。これは、訪問公式の会合やその挨拶で使用するものでしゃれ帯、袋なごや帯、なごや帯綸子無地綸子絞りなどを使用し、羽織るものとしては綸子、一越などの生地に色無地羽織、絵羽織などを使用します。冠婚葬祭などの多くの場面でスーツで対応できる男性と違い、女性の場合は着物を着用する機会があります。そのためTPOにあわせた着物の知識を持っておくことが役に立ちます。